気管支喘息の症状 気管支喘息治療ガイドライン

気管支喘息専門病院でも治療や家庭で出来る治療など。気管支喘息の発作は子供も大人も突然起きるものです。

ホーム > スポンサー広告 > 気管支喘息の症状ホーム > 気管支喘息症状 > 気管支喘息の症状

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

気管支喘息の症状

気管支喘息とは、発作的に始まる咳。

気管支がアレルギーなどで炎症を起こし気道が狭くなり呼吸が苦しくなる病気です。

幼児期に、とても多いです。


強い症状が出ない事も多々あるので「気管支喘息」とわからない場合もあります。

湿度や、気温、気候、精神状態、花火やタバコの煙を吸った後、動物園に行った後などに咳き込む事があります。

我が家の娘は、動物園に行った後必ず発作と熱が出ます。


症状も軽い物から重い物まで3つに分かれます。

◎ 小発作:ヒューヒューは聞こえるけれど呼吸困難症状はなく元気もあり、遊んだり、日常生活に支障がない場合。

◎ 中発作:ヒューヒュー、ぜぇぜぇして少し動いただけで発作が出たり食欲がなかったり、返事などはするけれど不機嫌だったり睡眠が妨げられたり生活に支障が出る場合。

◎ 大発作:ぜぇぜぇが酷くなり呼吸困難のため横になることもできず座り込んでしまう。
話が出来ず動けないなど、かなり生活に支障が出る場合。

喘息発作は繰り返すことが多いです。

夜中から朝方にかけて起こる事が多くお子様だけではなく、お母様たちも負担となります。

小児の気管支喘息は、大人になるまでに半分以上が治癒するそうです。

アレルギーの原因を探ったりお医者様の指導のもと根気良く治療を続ける事です。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。