気管支喘息の食事療法 気管支喘息治療ガイドライン

気管支喘息専門病院でも治療や家庭で出来る治療など。気管支喘息の発作は子供も大人も突然起きるものです。

ホーム > スポンサー広告 > 気管支喘息の食事療法ホーム > 気管支喘息食事療法 > 気管支喘息の食事療法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

気管支喘息の食事療法

小児期は食物アレルギーが原因となる場合が多いのでアレルゲンとなるたまご・牛乳・鶏肉・牛肉などをなるべく除去することです。

しかし、除去をする事により栄養不足になってしまうので代替食品を使用すると良いかと思います。

ミルクやお米、米パンなどがあります。

今は、たくさんの代替食品があるのでアレルギーっ子を持つ私も大変助かっています。

ゴマ・玄米・海草などは自律神経を安定させる食物だそうです。


ビタミンCやカルシウムもしっかり摂取するといいです。

インスタント食品や加工品、カロリーの高い物は摂取しすぎないようにする事も大切ですね。

甘い物を摂取しすぎるのも発作を引き起こす要因ですので甘い物、体を冷やすもの、果物の食べすぎには注意して下さい。

果物はビタミン豊富で体にいい!と思われがちですが陰性食品なのであまり良くないそうです・・^^::

私も最近知ったのですが・・。

色々と調べてみると知らないことがたくさんあったりします。


食事療法以外にも、発作が起きにくくなるように部屋のお掃除は、こまめに★

絨毯やぬいぐるみ、ペットも避けた方が良いです。

全てダニやハウスダストの原因となりますので・・・。

水泳も効果があると昔から言われてますよね^^

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。